元消防士(タヌキチ)のセカンドライフ迷子中

元消防士30代半ばのヘタレが退職してからセカンドライフ(第二の人生)を迷子中です。同じ境遇の方を少しでも元気づけれるようにブログを書いていきます。

自己紹介?

こんにちは。30代半ばのヘタレ元消防士タヌキチです。

ブログを書くにあたり、タヌキチってどんなヘタレなのかを、書いていないことに気がつきました。

なので、簡単な自己紹介をしたいと思います。

 

地元の高校を卒業した後、長年の夢だった消防士になりました。

元々、右耳の聴力が普通の人より弱く、大きな自治体の消防署は、聴力の制限があり受験することが出来ず、運良く地元の消防署に採用されることになりました。

 

しかし、勤務をする中で年々聴力が弱くなり、消防車や救急車に乗っている時に、隊長からの命令が聞こえなくなったことから、8年間という短い期間で退職をすることになりました。

 

 

その後、転職活動をするものの民間では採用されず、なんとか隣接する自治体の市役所に入ることができましたが…

新型コロナウイルス感染症に関する業務の担当者にされ、中国からウイルスが日本に入る前から、そして5類に落ちるまで、ありとあらゆるコロナに関する業務(感染予防対策、検査体制の構築、ワクチン接種体制の確保等)をやらされました。

市役所は、頑張ったことが評価されない組織です。(給料にも、昇給にも、手当にも反映されません)

身体を壊しながら従事した僕の長かった仕事は、上司の「おつかれ」という一言だけで

何事も無かったように終わりを告げました・・・

 

 

そして、2度目の退職

 

 

現在は、消防士時代に取得した資格を生かして、地元のガソリンスタンドに勤めています。

消防車や救急車が給油に来るたびに、居たたまれない気持ちになります…

 

タヌキチがどれくらいヘタレで何者なのか皆様には伝わったでしょうか?

 

こんなタヌキチの経歴(経験)でも、きっと皆様のお役に立てる!!

と思い、ブログを続けていきます。

 

明日は、ブログのコンセプトを投稿出来たらなと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。